ポイントカードを利用したマーケティング

ポイントカードを利用したマーケティングは非常に馴染み深いものですが、だからといって闇雲に導入するのではなく、今一度狙いをよく考えてみるのがよいでしょう。

ポイントカードはただ導入すれば良いわけではなく、失敗するとただ管理に余分な費用がかかるだけであったり、思った以上に販促費がかさんだりしてしまいます。

ポイントカードを導入する目的としては大きく2つあるでしょう。

一つは顧客のリピートを促すことです。

購入価格や購入回数、あるいは来店回数に応じて点数を付与し、
一定の点数が貯まれば割引になったり何らかの商品がもらえるなどのサービスを提供することで、
顧客はその点数を貯めることを目的に他の店舗よりはその店舗に来店しようという動機が働くことでしょう。

この場合は単に紙にスタンプを押すということだけでも立派に目的を果たすことが可能です。

もう一つは単に顧客のリピートを促すことだけにとどまらず、顧客情報と購買情報とを結び付けて管理を図ろうとするものです。

どんな顧客が、いつ、どんな商品をどれくらい購入したのかということが把握できれば、それに対応したマーケティングを展開することが可能になります。

いつどんな商品がよく売れるのかが把握できればそれに応じた商品構成にすることもできますし、ある商品をよく購入している顧客に対して、その商品と関連性のある別の商品を集中的、重点的に勧めるといった効果的なマーケティングを行うこともできるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *