店舗での集客を考えるときの目線

安定した店舗運営に集客は欠かせません。どのような方法で宣伝活動するかを考える前に、顧客が求めているものが何かを考える必要があります。

飲食店であれば目玉になるメニューを考える必要があります。

この時に必要なのは実際の店舗で集客できる可能性のある時間帯の分析は大切です。モーニングなのかランチなのか、それともディナーに力を入れるのかをはっきりさせることは、通り客などの状況を把握し、分析することが大事です。

この分析ができれば営業時間を決めることができて、ターゲットにする時間帯の人員確保も容易になります。

メニューや販売品目の決定は、顧客層から好まれるメニューや商品の候補を絞っていきます。顧客の希望を理解することは無駄のないメニュー作りの参考になります。どのような店舗でも集客を考えるときには、魅力的なメニューや商品を揃えることは不可欠で、それに魅力がなければいくら人通りの多い場所で店舗を展開しても集客は難しくなります。

重要なのはターゲットにした時間帯に好まれるメニューの選択と、食事に割くことができる時間と金額です。

メニューや商品を決める場合、実際に顧客の立場に立った選択が必要になります。ランチにかけられるお金と時間はモーニングやディナーとは異なってきます。モーニングやランチで得あれば顧客の回転率は高く、ディナーであれば遅くなるという風に考えると、より店舗での集客するためのアプローチが固まってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *