店舗への集客は商圏分析が大切です

店舗を設ける時に必要な事は集客が可能な場所にお店があるのかを調査する事です。

これは商圏分析と呼ぶもので、店舗から半径1キロメートルや2キロメートル以内に、競合するお店があるのか否かやお店の周りの人通りが時間帯や曜日に応じてどのように変化するのかを調べておく必要があります。

駅前などの場合は、駅を利用する人が多くいる場所になるわけですが、平日などは通勤通学で多くの人々が利用しても、休みの時などどのくらいの人が駅周辺での行動を起こすのかを確認しておく必要があります。

多くの人々が駅周辺のお店を利用するのであれば集客効果も期待を持つ事が出来るなどの予測が可能になります。

商圏分析を行う事で店舗への集客がどのくらいあるのかを予測出来るようになりますが、実際にお店に訪れるお客さんを増やすためにはお店の知名度を高めるための宣伝活動が必要です。

例えば、駅前でチラシ広告を配布して多くのお客さんを呼び込むための工夫を行う事も大切です。

但し、チラシ広告を配布する時にはお店のアピールポイントを伝える事がチラシを受け取って貰える秘訣にも繋がります。

駅を利用する人々は忙しい中で行動を行っているなどからもチラシを受け取ってくれない事も多くあります。

しかし、お店に来ると良い事があるなどをアピールしながら配布を行う事がチラシによる店舗への集客効果を高める秘訣になります。
また、チラシだけではなくクーポンなどを合わせて配布する事も店舗への集客効果を高める秘訣に繋がります。店舗の集客にはアプリが有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *