話題のO2Oアプリとは

日本ではO2Oアプリが話題になることが増えています。O2Oとは、Web上からの店舗集客の手段です。

スマートフォンに特化したサービスや高速通信の普及によって、
企業のプロモーション活動や店舗集客が様々なアプリ上で行われるようになっています。

O2Oは、ユーザーを実際の店舗に誘導するための技術ともいえます。最近では、スマートフォンアプリを活用した店舗集客が目立っています。

幅広い年齢層でスマートフォンの利用が拡大しており、便利なコミュニケーションツールが登場したことで企業と利用者のコミュニケーション方法も変わりつつあります。日本ではポイントカードやクーポンの利用者が多いです。

スーパーやドラッグストア、ファーストフード店でもポイントカードやクーポンは販促の基本となっています。

ただ、配布や印刷コストの問題もあります。一方、アプリの場合はコストを削減でき機能も集約できるので、ポイントカードやクーポンでかさばった財布を持たなくて済みます。

販促手段としてのアプリ導入は、CMCが出てきたことにより導入のハードルが大幅に下がっています。独自開発であれば初期投資に多くの資金が必要になりますが、ASP化により初期導入コストが下がり多くの店で販促の中心となっています。

印刷物に比べるとクーポンの利用率が高く、利用者に応じて販促の内容を変化させることができるメリットもあります。臨機応変に販促内容を変えられることで、多くの店舗に受け入れられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *