O2Oに着目することで多彩なビジネスチャンスが到来

O2Oは「OnlinetoOffline」を意味し、消費者がオンラインから情報を仕入れ、それがオフラインの実店舗に足を運ぶことになる取り組みのことです。

オンラインはPCやスマートフォンなどの携帯端末からサイトにアクセスをすることができ、そこでは豊富な情報を得ることができます。

一方では、実際に手に持った感触や見た目などの外観を重視する点もありますので、そういった情報はオフラインの実店舗しか把握できません。

こうしたことから消費者の情報取得、実店舗の来店、商品の閲覧という流れに至ることでO2Oは注目されているIT用語です。

このO2Oがクローズアップされる店舗としては、家電量販店と飲食店、販売店となり、来客を主体とした店舗となります。

近年はネット通販などの普及で在宅しながら買い物ができて、それへシフトしていくかと予測がありましたが、一方ではO2Oによって覆されている点も見られます。確かにネット通販では安く購入できる場合もありますが、それほど価格自体は変わらない、むしろ来店によって受けられるキャンペーンがお得だったりすることもあります。

しかもその場でサイト上での比較にない比較をすることもできるため、消費行動の決め手にもなるケースも多いです。

また飲食店では事前にクーポンをオンライン上で発行しておけば、そのクーポンを使えることで来店してもらえる様になる点で集客にも使えます。

O2Oの魅力は、オンライン上での詳細な情報やキャンペーン、クーポンなどを発行することで、それが来店のきっかけになり、多彩なビジネスチャンスを生み出す点にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *