O2Oの意味について

O2OとはOnlinetoOfflineの略です。

正確に英語の頭文字をとるとO2OではなくOTOとなるわけですが、toをTではなく2と表すのはビジネスの世界ではこれ以外にもよく行われていることです。

オンラインやオフラインといえばインターネットの世界での話だろうということはすぐに分かりますが、O2Oとは単にインターネットでの話ではなく、主にインターネットでの小売業、企業と消費者とをつなぐ話で用いられる用語です。

今では実店舗を持っている企業でもホームページがあるのはごく当たり前ですし、ネットショップという形でインターネットで直接注文を行うことができる企業も増えてきています。

ここで、実店舗に来店するようなオフラインの顧客と、自社のホームページを見たりネットショップから商品を注文したりするようなオンラインの顧客とをうまく結び付けようというのがO2Oの考え方です。例えば、オンラインでホームページを見ている顧客を実店舗に誘導するにはどういう方法が考えられるでしょうか。一例としてホームページ上でクーポンを表示、配布し、それを持って実店舗に来店すれば割引など何らかの特典を与えるという方法があります。

逆も考えられます。

実店舗に紙のクーポンを設置し、そこに記載されたコードをネットショップ上で入力すれば同様に割引が受けられるようにするといった方法です。

これはあくまでも一例ですが、このようにしてオンラインの顧客とオフラインの顧客とを何とかして結び付けようとするのがO2Oです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *