O2Oアプリが顧客の購買行動に影響を与える

O2OとはOnlinetoOfflineの略で、O2Oアプリであればアプリを介したオンラインのサービスがオフラインの実社会の顧客の行動に影響を与える事を表わしています。

例えばスマートフォンのGPS機能と連携し、店舗の近くに移動する事があればアプリでクーポンを配布し、
今すぐ来店すればそのクーポンを使ってお得に商品を購入できるサービスを告知するなど販売促進を行う事ができます。

また、アプリからショップの在庫を確認できるケースでは、
欲しい商品の在庫がどの支店に何個在庫されているのかを調べられるのはもちろんのこと、一般的なオンラインショッピングによる購入だけではなく他の支店にある在庫を最寄の店舗まで転送してもらって購入する事も可能です。

実店舗でディスプレイされている商品の実物を見たりスタッフからの説明を受けてから検討し、
その場で系列のオンラインショッピングサイトで注文すると言った消費行動が見られる事もあり、一部の家電量販店ではそのような顧客の行動を想定した店舗やサービスを展開している例もあります。

これまではオンラインショッピングサイトと実店舗は別組織と言っても過言ではないほど異なるカテゴリーとして存在していましたが、
O2Oアプリによる連携が確立される事でオンラインとオフラインの区別は無くなりつつあり、Eコマースと実店舗の連携に加えてそれに対するリアクションとしての顧客の購買行動は新たなフェーズへと突入しつつあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *