アプリ開発で働き方改革の事例

外食レストランでお客さんの集客状況を事前に把握することで、働き方改革を実現することはできます。

これはテレビで放送された実例ですが、自分の手掛けている和食レストランのオーナーが、大手IT産業に勤めていたノウハウを生かして、周りの宿泊客の情報データや天気予報、自分の店のホームページ上のアクセス数などを調査しデータ入力など行い、その精度は予測とほぼ変わらない数字を出すことまでこぎつけています。

あくまで一日前の予測ですか、これによって食材のロスカット10%削減につながり、あらかじめ来店数がどの時間帯にどれだけくるのか正確に予想できることで、店員スタッフを多くもなく少なくもない状態に配置でき、スタッフからも働きやすいと評価されています。

こうしたデータ調査の開発の事例はコンビニなどで取り入れられているものを更に進めたものと言えます。例えばおでんなど気温の変化によって売り上げが変わってしまうものは、食材のロスに繋がってしまうため、あらかじめデータを入力し開発した事例や回転ずしの集客状況を予測するデータ調査のノウハウを応用した事例なのです。

この外食レストランのオーナーは自身が開発したノウハウを生かして大手会社とも連携してこのデータを更に高め、いずれはアプリ開発につながるものができるでしょう。これらノウハウを遺棄した事例が展開されると急な出張などで大都市の道路の混雑状況やどの時間帯の電車の混雑状況が瞬時に把握できるなどスマホのアプリにも応用できるはずです。

アプリ開発は時間がかかりますが、便利なのはあっという間に広まっていく力を持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *