アプリの作成を自社にこだわる必要は無くなった

今はアプリの作成を自社にこだわる必要は無くなっていると考えるべきです。

自社が最も低コストでいいものを作れるというのであれば、これにこだわって作るのも良いのですが、そうでない場合は、外注するということを考えてもいいかもしれません。一つの事にこだわると、すぐに置いていかれるのがこの世界の常識です。自社でアプリを開発できれば、融通が利きますし、なんとなく成し遂げた感じが出ますが、それと多くの人が利用されるものとなるのかは別の話です。最近では多くのアプリ作成が外注によって作られるようになっているというのが現状です。

これはその方がコストが安いということに気づき始めたからだといってもいいでしょう。しかも、外注であれば、より多くの人を使って短期間で作ることも可能になります。作成するアプリの種類や規模も自由に決めることが出来ます。融通はなかなか利かせることは出来ませんが、そこを上手くコントロールするのが取りまとめの役目といえるでしょう。最近はこうしたコストパフォーマンスを理解することがビジネスを考える上でも最も大切な事だとも言われています。簡単に且つ良いものを作成する方法があり、その方が安くできるというのであれば、これを積極的に活用しないてはありません。

そうした柔軟性が今は企業に求められているということになるのかもしれません。こうした最先端の考え方が出来るかどうかで生き残ることが出来るのかどうかが決まることになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *