自社で使うアプリを作成するには

スマートフォンやタブレットを企業でも活用するシーンは数多くあり、端末の性能が向上する事で高度な機能を使える環境が整っています。

企業は、自社で使うシステムを構築する事が多く、クライアント端末としてスマートフォンやタブレットを使いたいと考える事がありますので、そのようなシステムを企業内で使い易くするには、企業が自社アプリを作成出来る環境があれば、外注をしなくても済みます。アプリの作成は、ハイブリッドアプリというWeb技術とネイティブ技術を組み合わせた効率的な作成方法を選択するのが、ソフトウェアを作るのに適した方法です。

ハイブリッドアプリで自社用のクライアントソフトを作ると良い点は、そのソフトウェア上のコンテンツはサーバ側で公開して、ソフトウェアから逐一使えるようにする為、ローカル環境で開発やテストを十分に行い、サーバ上のコンテンツを置き換える事で更新を行えます。同時にクライアントソフトに対してアップデートをしたい時には、パッチをオンラインで配布して、社内ユーザーに適用してもらうといった事も行えます。

自社向けのアプリの作成で注意する事は、社内で共通して使い易いものを作るという事です。データの共有をしたり、メッセンジャー機能で従業員同士で連絡をしたり、SNSで従業員同士のコミュニケーションを図ったりする事もありますので、このような機能を充実させておくのも業務を効率化させるのに良い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *