自社で業務用アプリを作成するメリットとデメリット

企業のIT化が一般的となり多くの企業で様々なアプリを利用する機会が多くなっています。

統合的なシステム管理を行う上でもアプリを利用することが非常に効率的なものですが、これを導入するために多額の費用をかける事は企業によってはなかなかできないことが多く、IT化の推進を思う通りに行えないと言う場合も少なくありません。しかし金銭的な事情で社内のIT化が遅延する事は業務効率化の観点から大きなリスクを背負うことになり、ひいては社会的信用にも影響することが多いため様々な企業でIT化の方策を模索していることが多いのが実態です。

この費用を削減する方法の1つとして、自社でアプリの作成を行う方法があります。通常は専門の会社に依頼し多額の費用をかけるところを自社の開発部門などで独自に作成することで、開発費の削減と運用の効率化が両立できることになり大きなメリットを生み出すことにつながります。また、既存のシステムに合わせて構築ができることからその自由度が非常に高いのも高いメリットになります。

しかし自社でアプリを作成した場合にはそのメンテナンスも自社で行わなければならず、費用面からは運用管理者の人件費と言う大きなデメリットが発生します。近年クラウドなどの様々なサービスが提供される中でITシステム専門の運用担当者を雇用することが企業にとって大きな負荷となる場合が多いので注意が必要です。そのため自社でアプリを開発する場合には総合的な費用を十分に検討し、運用面までも含めた費用予測を立案した上で判断することが重要です、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *