iphoneのアプリ制作に必要な費用

iphone向けのアプリ制作を外注する場合には依頼する開発スタジオやチームごとに実際の費用は大きく異なります。

しかし基本的には行えることや使える機能が少ないものの場合には100000円程度、一般的な機能などを搭載したものの場合には1000000円前後の費用が必要になります。一般的なiphone向けのアプリの制作だと1000000円程度が相場となっていますが、開発スタジオやチームごとに異なります。iphone向けのアプリの制作は開発スタジオやチームごとに異なり、実際の費用にも幅があるので相場も明確ではありません。

会員専用のアプリの場合やユーザーによるログイン機能などを実装する場合には、一般的な場合の1000000円の費用よりも更に多くの費用が必要になります。このような機能を実装する際にはデータベースを開発する必要があるので、制作に必要になる費用の合計も高くなります。データベースとの連携が必要になるiphoneアプリの場合だと相場よりも少し高めの費用が必要になる場合が多いです。

iphone向けのソーシャルゲームやゲームなどの制作になると、通常の場合とは違って2000000円や3000000円が必要になる場合もありますし、最高だと1000万円を超えるような費用が必要になる場合もあります。会員登録やログインが必要になるソーシャルゲームの場合だとシングルプレイ向けとは異なり、更に数十万円から数百万円程度の費用が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です