iphoneのアプリを作成する手順

iphoneのアプリを作成するには、パソコンにXcodeをインストールし開発環境を用意する必要があります。

iphoneの根幹を成しているのは、アイコンをタップしたり画面をスライドさせる事でさまざまな操作が実行できるあの分かりやすいグラフィカルユーザーインターフェイスで、Xcodeに内包されているストーリーボードを利用してインターフェイスを構築するところにあります。

ビューコントローラやUIキットで作成したオブジェクトをドラッグアンドドロップするだけの簡単な操作で配置できるので、一からコードを書く必要も無くシステムの基礎を作り上げる事ができます。全ての項目はツリー形式で表示されるので前後の流れが把握できるので編集作業やデバッグもしやすいのが特長です。さまざまなプロセスを経てアプリが一旦完成したらiphoneにインストールして最終テストを行います。

完成したアプリは個人で利用できるのはもちろんのこと、Appleに申請し審査に合格すればiTunesで公式に配布できるだけではなく、有料ダウンロードで公開したりアプリ内課金で収益を得られるのに加えて、広告のAPIを組み込めば起動すると広告が表示されるのでビュー数やクリック数に応じた広告収入を得る事ができます。iphoneアプリの作成は個人の趣味として楽しめるのはもちろんのこと、創意工夫と努力次第では大きなビジネスチャンスを掴む事も夢ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *