iphoneでアプリを作成するならXcode

iphoneでアプリを作成するならXcodeを利用するのが便利です。

XcodeとはAppleが提供しているアプリ作成のための統合開発環境で、MacAppStoreから無料で入手する事が可能で、iphoneをはじめとするiOS端末向けの開発キットであるiOSSDKを同梱しアプリ開発を強力にサポートします。iOSSDKには豊富なサンプルコードをはじめフレームワークやAPIが内包されており、それらによって共通するコードを呼び出すことが可能となり、開発のために必要な工程を削減でき効率が大幅にアップします。

Xcodeはiphoneでおなじみのアイコンなどをタップして操作を行うグラフィカルユーザーインターフェースを作成するためのグラフィカルツールやインターフェイスビルダーでオリジナルのユーザーインターフェイスを作成する事も可能です。また、CやC++に加えてJavaScriptなど多様なプログラミング言語の対応に加えて、外部のツールながらPascalにも対応し、それらのソースコードをコンパイルできるのでユーザーの持つプログラミングの知識や技術をそのまま活かしながらiphone向けアプリが開発できます。

さらに有料会員サービスのAppleデベロッパープログラムに加入すれば作成したアプリをAppleが規定するガイドラインによって厳正な審査が実施された後、AppStoreに掲載され配信や販売する事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *