アプリの作成で一番重要なこと

アプリを作成するためには、一定のスキルが必要になってきます。

クライアントがいる場合には、要求をまとめて、画面設計や機能を実装したりする企画を行う必要があります。自社で開発するときにも企画書を作成し、画面遷移や開発する目的を明確にし、作業効率のアップをしていきます。

アプリを作成するときには、画面の設計やプログラミングを実装して開発を進めていくことになりますが、一番重要な部分はテストです。開発や画面設計も重要ですが、アプリのテストをしっかりと行わないと満足のいくものができないからです。

アプリをダウンロードする端末は多種多様で、画面の大きさも全く違います。すべての端末で対応しようと考えた場合には、すべての端末で画面の見やすさやボタンや画面遷移といった項目をチェックすることになります。

また、アプリによっては通信を行うことが多いです。インターネット環境によって、通信エラーを起こすこともあるでしょう。そういったときの動作確認もしっかりと行います。

場所によって機能しなかったり、ユーザーの設定によっては起動しないことがあるからです。エラーを起こした時にも強制終了するものではなく、しっかりとエラー文章を出したり、対処しているほうが評価は高いです。

そのためにもあらゆる条件でテストを行う必要性が出てきます。開発期間よりもテストをする期間が長いこともあります。テスト期間を確保していないと、公開してから評価が下がるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *