アプリを作成するまでの流れ

アプリを開発できる能力があれば、いろいろな場面で役に立ちます。

スマートフォンの普及はすさまじく、進化も速いです。そんな中でアプリを開発する能力はこれから先も必ず必要になってきます。個人でもスキルさえあれば、有料で販売することで、大きな利益を得ることができます。

組織的に開発を行い、課金制度や月額制度を利用することで利益を得ることができるので、スキルの習得をしておくといいでしょう。アプリを作成するときには、おおまかな流れを把握しておくといいです。

まずは、企画を行うことが大切です。作成をする目的や利用者の年齢や性別など、ターゲットをしっかりと決めておきます。画面の構成や画面の見やすさも企画段階でしっかりと決めておき、画面ごとの機能も細かく話し合いましょう。

企画がおわれば、開発をします。企画段階で作った設計書をもとにアプリを作成していきいます。作成が終わったら、テストを行います。意図したとおりの画面遷移が行えているか、実装したボタンはしっかりと機能しているかチェックしましょう。

また、通信を行う場合には通信環境や場所によっての不具合を徹底的に見つけ出していきます。テストまで終われば、公開を行います。

一般の利用者にも使えるようにしていきますが、アイコンや説明文などを記載するので、目を引くものにしましょう。公開が終わったあとは、保守作業が待っています。快適に利用してもらうためには、定期的にバグの発見や改修を行っていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *