iphoneアプリの作成

iphoneのアプリを作成するときくと難しい印象を受けますが、どのように作成するか知らないという人が多いようです。

これまで200万を超えるiphoneアプリが作られおり、全世界で1300億以上のダウンロードが行われています。iphoneアプリを作成する手順は、企画→開発→テスト→公開→保守となります。

まず企画では、画像のレイアウトやデザインを決め、どのように操作するとどの画面に移り、画面タッチの機能をどうするかなどを考えます。企画をしっかり立てておくことが最も大事なポイントとなります。

次に開発では、Xcode(無料)をダウンロードしてSwiftまたはObjective-Cのプログラミング言語を用いて開発を行います。それから、テストを行い、企画で立てた通りに表示され、機能しているかをチェックします。

Xcode内のシミュレーターで表示、動作テストを行うことができます。公開を行う前に、検索ので上位に来るようなキーワードの設定や時期を考えておく必要があります。

公開に際してはiTunesConnectのサイトに必要情報を記入して作成したアプリをアップロードしてapple社の審査をまち、審査を通過したら公開されます。公開後は、アップデートやバグの修正など保守を行ってダウンロード数があがるように維持管理していきます。

実際にアプリを作成するには小学校の算数と基本的なプログラミング言語を理解していれば十分です。まだまだ市場としては注目されており、チャレンジしてみる価値はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *